忍者ブログ

Nランク最高品質のスーパーコピーブランド専門販売サイトwww.MsaCopy.Com

Nランク最高級のスーパーコピー時計,スーパー コピーバック,スーパーコピー財布製品のオンラインストアはクレイジー 販売、本物の100%、あなたの信頼に値するブランドコピー専門店です。

スーパーコピーロレックス時計3大機構:オイスターケース/パーペチュアル/デイトジャスト

ロレックススーパーコピー販売サイトの100年以上ある歴史の中で、技術的な革命とは機械式時計を「美術品」としてではなく「日常のパートナー」というコンセプトにあります。
置時計だけではなく、時計としての役割を完璧にこなす機能と利便性を備えた高級腕時計。
富裕層の日常使いをイメージした時計作りのために、その技術を向上させてきたのです。
世界最高峰とも言われるロレックス スーパーコピーの技術力を端的に示すものが「ロレックスの3大機構」です。ロレックスの3大機構は、現代の機械式腕時計作りの基礎とも言われており、1945年に発表されたデイトジャストによって完成されました。ここからは、ロレックスの3大機構についてご紹介していきたいと思います。 ロレックスコピー時計 1.オイスターケース その特徴は、端正でエレガントなデザイン性と、防水性・堅牢性という機能を併せ持つというところにあります。美しいカーブを描く無駄のないフォルムは、そのまま機能性に直結しており、ケースの密閉機構によって、最低でも浸水100m(330フィート)に耐える防水性能が保証されています。オイスターケースは、別会社である「オイスター社」の協力で開発され、ウブロ時計 スーパーコピー 金属の塊をくり抜いたケースに、ベゼルと裏蓋、リューズがねじ込まれた、高い密封性の防水ケースとして1926年に特許を取得。その実用性と密閉機構の信頼性は、1927年当時、ドーバー海峡横断時に着用されたことで実証されています。1920年代には既に長時間の遠泳に耐えうる防水時計を作っていたなんて、ロレックスの技術力には驚かされますね。 2.パーペチュアル パーペチュアル(Perpetual)は直訳すると「永久」。ロレックスの卓越した技術力を示す一つの要素として知られています。
パーペチュアルとは、自動巻きの機能のことです。
1930年代当時、腕時計や懐中時計は「手で巻く」という事が日常的に行われていましたが、1931年にロレックスがパーペチュアルを開発したことによって、機械式腕時計に「自動巻機械式ムーブメント」という機構が埋め込まれることとなったのです。
現在では、パーペチュアルムーブメントは自動巻き機構の原点と言われていて、過去から現代に至るまでの、ロレックスの高い技術力と名声を築く礎として評価されています。 3.デイトジャスト デイトジャストは1945年にロレックスが生み出した画期的な機能です。機械式の腕時計によく見られる、3時方向にある小さな日付表示、このデイト機能を初めて開発したのがロレックスであり、その機能こそがデイトジャストなんですね。デイトジャストの初代モデルは数時間前からゆっくり日付が動いて切り替わっていき、毎日夜0時丁度に日付が完全に替わるといったものでしたが、1955年には瞬時に日付が切り替わる機能に進化しています。ブルガリスーパーコピー時計優良店 また、ロレックスコピーのデイトジャストは、1954年当時、日付を2.5倍に拡大するサイクロップレンズを搭載し、他社の機械式腕時計と比べられない程の実用性を実現していたとされます。
PR

コメント

プロフィール

HN:
桜井 幸子
性別:
非公開

P R